読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京医科歯科大学に憧れて

一浪女子の東京医科歯科大学医学部医学科に合格するまでの日々を書いているブログです!(・ω・)

前々日

 

いろんなこと考えてるんですけど、

 

なんとなく残しておこうかなと思い、徒然と書きます。

 

 

 

なんか自分の想像より緊張してないというか、焦ってないというか。

 

 

去年大失敗したことが一番の要因かと。

 

 

失敗した経験のある人間は強い

 

 

今はこの言葉を心から強く感じます。

 

 

あれだけの失敗をしても、今自分はこうして存在している。

 

 

意外と人生なんとかなるものだなって。

 

 

あれより悪くなることはないから、気楽に思えます。

 

 

あがり症なのはいつものこと(笑)

 

逆に開き直れます。

 

 

 

そんなのわかって今までやってきた笑

 

 

今更もがくつもりも自分を否定するつもりもないんです。

 

 

 

 

これが自分だし。

 

 

逆に可愛げがありますよ、

あれだけの失敗してもひたむきに頑張るところ。笑

 

 

 

去年の失敗によって

失敗してもまた這い上がろうとそう思えること、努力できること、

自分の強さに気づけました。

 

 

意外と野心家かもしれないってね、思います。

 

 

 

 

全然関係ないんですけど、

 

たまたま耳に入った言葉に

 

 

自分には○○しかない

 

 

っていうのがあって、

 

自分にとって、○○しかないとまで言えるものつてなにかなって思ったんですね。

 

比喩なので本当にそれしかないとは思わないですし、

 

自分にとって今まで生きてきて何に人生を捧げてきたか、ってことなんだと思うんですけど、

 

 

やっぱり私には勉強ですかね笑

 

 

 

別にガリ勉というわけじゃないですし、部活とか委員会とかもわりと活発にやるタイプだったので、

勉強以外何もやってないというわけじゃもちろんないですよ。

 

 

 

ただ、人生を何に捧げてきたかっていうと勉強だなって、思います。

 

 

幸い私は教育熱心な家庭に生まれ、小学校以外幼稚園中高と私立で、とても教育環境が良い中育ったと思います。

 

幼稚園生の頃から塾にずっと言ってて、そのまま今に至ります。

 

 

でも私は別に親に言われて勉強してたわけじゃないんです。

 

中学受験すると決めたのも自分でした。

 

なんでか知らないけど潜在的に勉強するのが好きだったんだと思います。

 

中学受験の勉強してるときは、小学生ながら夜12時とかまで勉強しても全然苦じゃなくて、むしろものすごく楽しくて、気づいたら成績が伸びていて、余計楽しくなっての繰り返しでした。

国語で全国で1桁をとったとき物凄く嬉しかったし、その後さらに勉強頑張ってたように思います。

 

今思えばすごい単純だったんでしょうね…苦笑

 

 

 

中高と周りが皆勉強してるのが当然という環境に入り、

勉強しても勉強しても普通、決して頭良いという位置には行けない、そんな軽い挫折から、勉強があまり好きではなくなりました。

 

 

今も引きずっています。

 

でもなんで自分が今高みを目指せてるのかとかいろんなこと考えるとやっぱり

 

自分は勉強が好きなんだってとこに落ち着くんですね。

 

自分よりも勉強できる友達追いつきたいとか思ってたり。

 

だから自分には勉強しかないなって。思いますね、(笑)

 

 

…長いな苦笑

 

 

 

ちなみに私は理科がめちゃくちゃ好きです。

生物も化学も物理も。

 

ほんとに大好きです笑

 

 

T2ファージとか形が可愛いななんて思ってました笑

 

 

今日はこの辺にしときます。